従来の歯周病治療と比べて、歯周内科治療のどこが優れているでしょう?

 

以上、従来法と歯周内科治療を比べますと
次のような利点があります。

 

従来の外科的治療

  • お口の中の歯周病の病原菌を除菌しないままで歯垢・歯石の除去をしています。
    その為、一時的に改善しても早期に歯周病菌が後戻りしてしまいます。
    そのことは多くの論文で発表されています。
  • 歯ぐきをソウハしたり切開して膿を出して症状の改善をはかっているだけで
    根本の原因菌の治療がされていません。
  • お口の中を部分的に数回に分けて治療を行うため治療をされた部分に治療されてない部分の細菌が、すぐに増殖してしまいます。

 

歯周内科治療

  • 位相差顕微鏡をもちいて細菌の形態学的検査を行います。
  • リアルタイムPCR法による遺伝子検査で歯周病原因菌の特定をまず最初に行います。
  • 抗真菌剤や抗生物質を服用して原因菌をゼロにし
    お口の中を清潔な状態になってから歯石の除去をします。
  • お口の中全体の歯周病治療を1回で行いますので治療していない部分の細菌が他の部分へ移るということがありません。ただ、注意していただくことは、除菌を行った後でも歯周病菌は他の人から再感染することがありますので定期的に歯周病診断を行い、良い状態を保ち続けていきましょう。 そうすることで全身の病気のリスクの軽減にもつながっていきます。

 

歯周内科治療の概要と特徴

治療前治療後にお口の中の顕微鏡調査

  • SAMPLE
  • 矢印
  • SAMPLE

大切な歯を守るために、知っておかなければならない歯周病のこと

大阪市旭区の歯医者「倉松歯科医院」のWebサイトをご覧いただき、ありがとうございます。当院では、従来の機械的に歯周ポケット内を清掃するだけの外科的な治療から、内服薬によって歯周病の原因菌そのものを除去する「歯周内科治療」に力を入れています。「歯周病」について正しい知識を持っている方は多くありませんが、歯周病は進行すると歯を支える顎の骨を溶かしてしまうこわい病気。ギネスブックにも人類が一番かかっている病気ということで登録されています。しかも、日本人が歯を失う原因の第1位になるほど、私たちにとってはとても身近な病気なのです。

従来の治療法は時間がかかる上に、歯ぐきの切開など、痛みをともなうケースもありました。歯周内科治療は内服薬でお口の中を殺菌した上で歯周ポケット内を清掃するため、従来の外科的な治療中の器具による傷口の毛細血管から細菌が体内に侵入する心配がなく、安全な治療法です。外科的処置は行わないので痛みもほとんどありません。

当院の「水」へのこだわり

さらに当院では、治療時(うがいの水・歯を削る時の水・歯石を取る時の水・お口の中を洗浄する水など)や器具洗浄時に使用するすべての水に「次亜塩素酸殺菌水」を採用しています。この水は人体に悪影響がなく、高い殺菌効果を発揮します。治療の安全性をより高めるために、当院では「よりきれいな水」「よりきれいな水まわり」にこだわっています。

「歯周病かもしれない……」と思ったら、まず当院にご相談ください。薬による内科治療で、歯周病を根本から治していきましょう。

当院使用の次亜塩素酸水(商品名:エピオス)について詳しくはこちら

「将来」のために、正しいケアや早期治療を

「歯周病は高齢者がなる病気」だと思っていませんか? 歯周病は免疫力と大きな関連性があるため高齢の方ほどリスクが高くなるのは事実ですが、最近では10代や20代といった若さで歯周病(もしくは歯周病予備軍)になってしまう方が増えています。  

歯周病は放っておいてもよくなることはありません。私は、40年以上にわたってさまざまな患者様のお口を見てきた経験から、10代・20代・30代の方の歯周病の症状を見れば、10年後にどうなるか、20年後にどうなるかを予測することができます。歯を失うことがないように、当院で正しいケアや早期治療に努めましょう。

このページの先頭へ

トップページへ